事件

対馬悠介の生い立ちが悲惨!「お前らが支えてくれないからこうなった」父と母の離婚は無関心

対馬悠介 生い立ち

小田急線10人刺傷事件の犯人である対馬悠介容疑者の生い立ちをまとめました。

家族の問題や学校での出来事、6年前からの女性不信など何がきっかけでこの事件が起きたのか。

途中からは友人とも疎遠になっており、一人寂しく何を考えていたのでしょう。

対馬悠介プロフィール

対馬悠介プロフィール
  • 名前:対馬悠介(つしまゆうすけ)對馬とも報道される
    (多分読みやすさで対馬、本当は對馬な可能性が高い)
  • 性別:男性
  • 出身:青森県
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区西生田
  • 身長:175㎝
  • 職業:不詳(逮捕寸前まで生活保護をもらっていた)
  • 見た目:長髪の暗い茶髪,クリクリな目,痩せ型

対馬悠介の生い立ち「父,母,弟の4人家族」

対馬悠介容疑者は、青森県で父と母と弟の4人家族で暮らしていました。弟とは年が3つ離れていますがとても仲の良い兄弟だったそうです。父は会社を経営していて、母は専業主婦でした。裕福な家庭に育った対馬悠介容疑者はごく普通の子供でした。

一見幸せそうな家庭に見えますが、父は毎晩飲み歩き女癖も悪かったそう。母親はそれに耐えていて家庭崩壊とまではいかなかった様子です。しかし父の会社が経営難になると母や子供たちに「サポートしてくれ」と頼みますが、結局うまくいかずに母も今回ばっかりは耐えられずに離婚となってしまいました。

父は「お前らが支えてくれないからこうなった」と話していたらしく、知人の証言では「笑いながらでしたけど『父親のことは大っ嫌い、あんな風には絶対なりたくない』とも言っていました。」と話しています。両親の離婚もそこまで気にしていないようで離婚を機に母方の実家である世田谷区に引っ越しました。引っ越してからは祖父母に面倒を見てもらっていたらしく、母親は仕事で忙しかったのかあまり一緒にいてないような雰囲気とも取れます。

弟は3つ下で一緒に学校に行くほど仲が良かったみたいです。弟とは対馬悠介容疑者が高校時代まで仲が良かったそうですが、それ以降は見かけていないそうです。

対馬悠介の生い立ち「高学歴で頭が良い」

「勝ち組女性が嫌い」という対馬悠介容疑者は、実は高学歴の持ち主だったのです。これほど勝ち組女性を嫌うのですから自分に自信がない方なのかなと思いましたが、学歴には自信が持てそうです。

対馬悠介容疑者の学歴
  • 高校:東京都立大付属高校
  • 大学:中央大学理工学部(中退)

どちらも偏差値55を超えていてかなりの高学歴だと言えます。しかし大学のときに女子から【罰ゲームデート】をされました。そのときのことを「大学時代に女性から見下された」と対馬悠介容疑者は話しています。

▼詳しい内容はこちら▼
対馬悠介の家族や生い立ち!「女子からの罰ゲームデート」36歳男が涙の告白

小田急線10人刺傷事件の概要

東京都世田谷区内を走行していた小田急小田原線の上り電車(10両編成)内で6日夜、20~50代の乗客が刃物で刺されるなどして重軽傷を負った事件で、警視庁は7日朝、川崎市多摩区西生田4、自称派遣社員、対馬(つしま)悠介容疑者(36)を重傷の女性への殺人未遂容疑で逮捕した。「車内で座っている女性を殺してやろうと思い、包丁で突き刺したことは間違いない」と容疑を認めている。

引用元:Yahooニュース

小田急線10人刺傷事件の概要をまとめると
  • 2021年8月6日夜に小田急線の電車内にて20~50代の男女が刃物で刺される
  • 対馬悠介容疑者と被害者の面識はない
  • 一番初めに女子高生を刺しており、「勝ち組女性だと思った」という理由と供述している
  • 10人刺した後、サラダ油をまき火を着けるが着火しなかった
  • その後、自転車を盗み逃走を図るが「逃げるのに疲れた」とコンビニ店員に話し逮捕される
  • 6日の昼頃に食料品を万引きして通報されており、通報した女性店員を標的にしていたが店が閉まっていたため電車への犯行に切り替えた

コメント

タイトルとURLをコピーしました