事件

山口正司Facebook顔画像「三角眉の一重まぶたと頬にシミ」山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件

山梨県笛吹市の女性遺体遺棄事件で亡くなった古谷美紀さんの隣に住む山口正司容疑者が逮捕されました。ニュース動画での山口まさし容疑者の顔画像は、三角眉の一重まぶたと頬にシミがありました。

山口正司容疑者のFacebookから見れる顔画像も調べてみました。

山口正司Facebook顔画像「三角眉の一重まぶたと頬にシミ」

山口正司をFacebookで検索すると、同姓同名のフェイスブックアカウントが21件ありました。

山口正司というFacebookアカウントを全て調べましたが、山口正司容疑者のフェイスブックと特定できる情報はありませんでした。

今回、山口正司のFacebook顔画像を見つけることができませんでしたが、ニュース報道の動画で山口正司の顔画像を見つけることができました。

山口正司顔画像はこちら▼

日テレNEWS

逮捕され、警察の車に乗り込む直前の山口正司容疑者の顔画像です。山口まさし容疑者の顔画像は、マスクで覆われていて横顔しかありませんでした。山口正司の顔画像をよく見てみますと、頭頂部あたりの髪が薄くて、三角眉の一重まぶたに特徴がありました。顔に大きな黒子かと思いましたが、55歳の年齢を感じさせるシミが頬にありました。体はややがっしりしている印象です。

山口正司容疑者の顔画像は人相がいいとはいえないですが、凶悪犯には見えませんでした。まだ事件の詳細は明らかにされていませんが、山口正司容疑者と被害者で死亡した古谷美紀さんは顔見知りだったのでしょうか。昨今隣人トラブルが年々増加しているので、隣人トラブルの可能性もあります。

山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件概要

山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件概要

山梨県笛吹市の林道脇で地域相談員の女性(54)の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課は5日、この女性に対する逮捕監禁容疑で、同市八代町高家、会社員山口正司容疑者(55)を逮捕した。

Yahoo!ニュース

山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件をまとめると

  • 2021年10月2日に2021年10月2日に自転車で現場を通った男性から「人が倒れていた」と通報があり、警察の捜索で山梨笛吹市の林道脇で50代と思われる女性の遺体が発見された。山梨県警は、何者かが女性の遺体を林道脇に遺棄したとして、捜査本部を設置
  • 遺体発見現場は、笛吹市芦川町上芦川の林道から脇に12mの場所
  • 警察の捜査により、遺体で発見された女性は、笛吹市八千代町に住む介護福祉士で地域相談員の古谷美紀さん(54)だと判明。古谷美紀さんは9月29日朝出勤し夜になっても帰宅しないため家族が捜索願を警察に提出していた
  • 古谷美紀さんの遺体はやや腐敗していて司法解剖の結果、死後5日ほど経過、遺体は擦り傷や殴られたようなあざが全身にあったため暴行を受けた可能性がある。死因は特定されていない
  • 警察は防犯カメラの映像解析、聞き込み捜査で10月5日夜、古谷美紀さんの自宅隣に住む会社員・山口正司容疑者を逮捕監禁の容疑で逮捕した
  • 山口正司容疑者は、古谷美紀さんを車に閉じ込め、山林まで連れて行った疑い
  • 逮捕後山口正司容疑者は容疑を認め、「古谷さんを車から降ろした時点では生きていた」というような供述をしている
  • 警察は、山次正司容疑者が古谷美紀さんが死亡したいきさつを知っている可能性があるとみて、捜査を続けている

山口正司フェイスブック顔画像

フェイスブックで山口正司容疑者のFacebookアカウントは残念ながら特定できませんでした。過去に同様の事件を調べると、石川県金沢市に当時住んでいたガールズバー経営の喜多あき乃さん(当時30歳)が山林に暴行を受けた痕がある遺体として発見された事件がありました。

司法解剖の結果、喜多あき乃さんの死因は首を圧迫されたことによる窒息死で、暴行直後に死亡したとみられました。警察の捜査で被害者の経営している店の関連店の経営者遠藤翼容疑者(当時28)と従業員の岡本充治容疑者(当時44)が殺害容疑で逮捕されました。

遺体発見までの経過は、金沢市内の路上で喜多あき乃さんに暴行し首を絞め殺害した直後に被害者が死亡。死亡後に被害者の遺体を能都町柳田の山林に埋めました。

この事件と今回の山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件の共通点は、山林に遺体が遺棄されていたこと、発見された遺体は女性で暴行された痕があることです。

今回の事件では、山口正司容疑者が古谷美紀さんを車に乗せて山林に連れて行った、車を降りた時点では古谷美紀さんが生きていたと供述していますが、喜多あき乃さんの事件では、容疑者が被害者を殺害した後に遺体を山林まで運び、遺体を山林に埋めています。

これから警察の捜査で山口まさし容疑者の供述が合っているか明らかになると思いますが、山口正司容疑者が殺害した後に移動させた可能性もあるかもしれません。

この似た事件の被害者である喜多あき乃さんのフェイスブックが発見されていますのでみていきたいと思います。喜多あき乃さんのFacebookではフェイスブック顔画像がたくさん投稿されていました。

今夜も飲みますか

喜多あき乃さんのフェイスブック顔画像です。喜多あき乃さんは顔画像右の女性で、当時30歳だったので、山梨県笛吹市で亡くなった古谷美紀さんにはこのくらいのお子さんがいらしたのかもしれません。

お子さんが30歳だと、もうすでに自立されていたかもしれません。このFacebookの投稿のコメント欄で数人の方とやりとりしているようすがわかりますが、フェイスブックを利用して楽しそうに過ごしていたのがわかります。

【関連記事】

久保一紀facebook特定「子供の前では優しいお父さん」多摩区堰通り魔殺人未遂事件

坂田大志顔画像「塩顔でナルシスト風の前髪」滋賀県守山市強制わいせつ殺人未遂事件

コメント

タイトルとURLをコピーしました