芸能

内田朝陽母親の顔画像「美人でプライドが高い」必死にレストランを守っていた

内田朝陽母親 顔画像

2021年9月12日タレント中川翔子さんの事務所が、俳優内田朝陽さんの実家で六本木にある老舗レストランラミーズ六本木の土地を仮差し押さえていると報道がありました。

その仮差し押さえには、内田朝陽さんの母親が中川翔子さんの個人事務所で経理を任されていた時、横領が発覚し返金をもとめたけど応じなかったため。中川翔子さんと内田朝陽さんの関係、そして横領疑惑の内田朝陽さんの母親に注目が集まっています。

内田あさひさん母親の顔画像と金銭トラブルをまとめ、なぜ横領してしまったのか推測してみました。

内田朝陽母親の顔画像「美人で」

俳優の内田朝陽母親の顔画像は、こちらです。

引用元:Twitter

内田朝陽さんがツイッターで僕と母と紹介した画像で左が息子の朝陽さん、右がお若い頃の内田朝陽母親の顔画像です。

内田朝陽さんが女装すると目と口の感じが似てると思いました。内田朝陽の母親は、銀座クラブ【楼欄】を経営していたとご自身のFacebookで語られていましたので、美人で華があって健康的な色気もあるという三拍子揃ってというのが納得です。

さらに、2015年3月22日内田みみさんのフェイスブックに投稿されたご自身の写真です

引用元:Facebook

内田朝陽母親の名前は、公開されていませんが、過去にこんなツイートを発見しました。

「てか内田朝陽の母・ミミさんがやってるお店行きたい!!!!」

もしかしたら内田朝陽母親の名前は、内田ミミさんとさらに調べると、MKTVプロデューサーのインスタで、レストランラミーズ六本木のパーティールームに行った時の写真とともに「仕事をバシバシこなしながら!笑 とても優しい笑顔で笑う お母さん(みみさん)とご挨拶する事も出来て、お会いした時から 朝陽からお話伺ってますよと迎え入れて下さり」と内田朝陽さんの母の名前をみみさんと記載していました。

そこで中川翔子さんの母親、中川桂子さんのツイッターで「ラミーズ六本木、みみさんお誕生日おめでとうございます!」と挙げた写真がこちらです。

若い頃の顔と比較してみると、おそらくラッピングしたプレゼントを持って顔を半隠しにしているコックコートの方が内田朝陽さん母親の内田みみさんかと思います。後ろに立っている白髪の方が内田朝陽さんの父親で、レストランのオーナーです。

内田朝陽母親の顔画像が最初の写真より随分時間が経過しているのと、ノーメイクのようで一見わかりにくいですがよく見ると目が同じに見えます。メイクすると今でも年相応にお綺麗な方だと拝見しました。

内田朝陽母親が「中川翔子と金銭トラブルに」

今回の俳優内田朝陽さんの母親と中川翔子さんとの間で金銭トラブルにあっていることが分かりました。

家族ぐるみのつき合いがあった両家の間で、なにが起きているのか。本誌は内田の実家レストランについて、不動産登記を確認した。内田の父が「所有者」であるこの土地は2020年2月19日に、中川翔子本人が「債権者」となって仮差押え命令が出されている。4月6日に一度、その仮差押えは取り消されたが、4月30日にあらためて中川の個人事務所が債権者として、仮差押えが認められているのだ。中川の個人事務所の代表は母・桂子さんが務めている。

引用元:Yahooニュース

内田朝陽母親と中川翔子の金銭トラブルまとめ
  • 2021年9月12日、東京港区にある創業40年以上の老舗レストランがある。そのレストランの土地が「仮押さえ」になっていると、FLASHが報じたために表に出てきた話
  • このレストランの土地を仮押さえ請求をしたのは、タレントの中川翔子さん(36)の個人事務所
  • そして仮押さえを受けた土地は、俳優の内田朝陽さん(39)の実家の土地だった
  • 内田朝陽の父であるレストランのオーナーが所有者のこの土地は、2020年2月19日に中川翔子さんが債務者となり仮押さえの命令が出されていた
  • 期間は不明だが、子供たちが幼少期から幼なじみとして育ち家族同士で仲が良かったため、中川翔子の母親が代表を務める個人事務所の経理を1人で任せていた
  • ある時個人事務所の資金が一部なくなっていることがわかり、調査の結果内田朝陽さんの母親、内田みみさんによる不自然な送金記録が見つかった
  • 事務所の代表、中川桂子さんは、内田朝陽さんの母親が事務所の資金を使い込んだ証拠を本人に突きつけたというが返金に応じなかった
  • 2020年4月6日に一度仮押さえが取り消され、4月30日に今度は中川翔子の個人事務所が債務者として仮押さえが認められていた
  • トラブルの発端である内田朝陽さんの母親は、FLASHの取材に「横領なんてありません。あなた方には関係ないことです」「仮差押えなんてされてません」と、横領の疑いと仮差し押さえの事実はないと主張し、中川家と話が平行線をたどっている
  • 中川翔子さんの個人事務所は、最初、穏便に話し合いで解決する用意だったが、内田朝陽の母親が返金に応じないため、法廷に話を持ち込むことになった
  • 現在は、中川桂子さんは、横領したお金を返して欲しいと返還請求を出している最中

内田朝陽母親は「レストランの資金繰りに困っていた」

横領した事実は、裁判所から仮差し押さえの命令が出ていることから間違いなくあるのでしょう。では一体なぜ長い付き合いで親しくしていた人を騙して横領してしまったのでしょうか。内田朝陽さんの母親内田みみさんの経歴やFacebookの投稿内容、仮押さえの時期などから、横領に至った理由はなんだったのか推察してみました。

いくつか考えられますが、

・銀座のクラブを経営していた時の借金がまだ残っていたため清算

・豪遊したかった

・内田朝陽の実父が経営しているレストラン「ラミーズ六本木」の経営状態が悪化したためお店を維持するための資金に充てた

この3つが考えられました。銀座クラブの経営は2001年くらいまでですが、期間が不明。ですが、銀座の一等地のクラブ経営はとてもお金がかかることが誰でも想像できるでしょう。

フェイスブックから抜粋「私がシェアしましたVogueの写真ですが、今から14年前に私が経営していました銀座のクラブ【楼欄】で撮影されたものでした。たくさんの写真がありましたが一枚だけ今手元に有ります。」

引用元:Facebook

2つ目の豪遊に使ったというのは、Facebookで南イタリアを2週間旅行したとありましたので、豪遊でお金が必要だったという可能性を考えました。ですが、旅行目的の1つにある病気の女の子に日本のおもちゃを届けるという慈善活動があったようで、この可能性は低いと思います。

そして3つ目の内田朝陽の実父が経営しているレストラン「ラミーズ六本木」の経営状態悪化で、資金繰りに困り横領した。これが1番現実的だと思います。新型コロナウイルスの影響で軒並み大企業でも会社が倒産している中、飲食業界は冷たい風がまだ吹いています。

仮にこの可能性で考えてみると、最初の差し押さえ命令が2020年2月。新型コロナウイルの影響を受けたとすると2020年1月に日本で感染者が初めて認められたため、差し押さえ以前に横領を突き止め、申請をしているということになります。というとコロナの影響は時期的に考えにくいです。

ですが、六本木の一等地にレストランを構えているということは老舗でも高級食材を調達したり、ワインなどをストックしたり、内装、設備交換などで資金繰りに困るケースも世の中たくさんあります。少しずつ経営が傾いていたとすると、レストランを維持するためにもお金が必要になります。

フェイスブックを見ると、レストランやスタッフに対する愛情、愛着をとても感じました。ここを絶対に手放せないと、とっさに魔が差して横領してしまったのでしょう。可愛い我が子のように愛情を持っているレストランなので、窮地に立たされて魔が差してしまったというのが妥当な流れだと思います。

内田朝陽母親である内田みみさんのコックコート姿を見れば、わかります。手も働く人の手です。ただのオーナー奥様ではなく、実際にレストランを影から支えてきた人だと思いました。

内田みみさんのフェイスブック投稿の中で親子顔画像は見つけられなかったのですが、その中で複数投稿に対して内田朝陽さんがコメントし、やりとりしているのを見つけました。なんとも母息子で仲が良いです。大人になってから息子が母親のFacebookにコメント入れるのはとても愛情を感じます。

中川翔子と内田朝陽母親の関係とは

中川翔子さんと内田朝陽さんは一見つながりがなさそうですが、実は幼少時からの幼馴染だそうです。中川翔子さんのブログで自ら説明してくれていました。

「内田朝陽くんは、生まれるまえからの幼なじみお!!桂子と朝陽くんのママがギガリッシモ仲良しで、だから朝陽くんとは言葉がはなせるようになるまえから幼なじみでしょっちゅう留守番したりファミコンしたりしてたんお!!だからまさか大人になってから共演するだなんてへんだなーーーーまさかお互いこういうお仕事するとは不思議すなぁーーーー(゜゜ω゜ω゜) 〓しょうこ〓」

2018年頃までは、中川翔子さんと母親の中川桂子さんは頻繁にラミーズ六本木に足を運んでいます。2018年10月30日ラミーズ六本木の42周年を祝う投稿には、中川翔子さんからバルーンフラワーが送られた写真を添えていました。

2018年12月11日にも中川翔子さんは母の中川桂子さんとラミーズ六本木で食事していました。

2018年9月だけでも2度ラミーズ六本木で内田朝陽さんがシェフとなって作ってくれたと紹介しています。

中川翔子さんと内田朝陽さん母親の2人のエピソードは見つけられませんでしたが、一般的に考えて子供同士が幼馴染で仲良しさん、その母親同士も仲が良かったら中川翔子さんにとって内田朝陽さんの母親は第二の母のようなものかも知れません。

FLASHの調べでも中川さん親子が内田朝陽さんの母親にとても信頼を寄せていたとあったので、中川翔子さんと内田朝陽さんの母親の仲は良かったと思います。

ですが、信頼していた人に裏切られた場合、お金が関係してくると実の親子でも絶縁したりするケースもよく聞きます。横領が発覚したときから、もしくは穏便に済まそうとしたのに2度も裏切られた形になって、2人の関係性の修復は内田朝陽さんの母親が真摯に向き合い、謝罪と返金に応じるかにかかっています。

まだ金額や時期、また本人も認めていないということで解決には少しかかりそうです。

【関連記事】

ZOC大森靖子パワハラは終わったはずが「巫まろはツイッターでSOS」音源流出

イコラブ佐々木舞香の裏垢真相!「昔は態度が悪かった」裏垢否定するも齊藤なぎさは激怒

コメント

タイトルとURLをコピーしました