町田市小6女子自殺タブレットいじめ事件

町田市タブレットいじめ小学校特定!「忠生第三小学校はデマ」町田第五小学校か

町田市タブレットいじめ

2020年11月に東京都町田市の小6女子児童がいじめを苦に自宅の自分の部屋で自殺していた事件が発生しました。2021年9月13日自殺した小6女子児童の両親が会見を開き、徹底した調査のため町田市教育委員会に調査委員会の設置を求めました。

このいじめを苦に自殺した小6女子児童が通っていた学校について色々な意見が飛び交っていますが、調査の結果、町田市立町田第五小学校が濃厚です。

町田市タブレットいじめ小学校特定!「町田市立町田第五小学校か」

小6女子がいじめを苦に自殺した事件で、小6女子児童が通っていた学校の対応に両親が不信感を抱いていると記者会見で訴えた後、現在まで10ヶ月間きちんとした調査をしていない小学校が問題だと指摘されています。

調べてみた結果、町田市立町田第五小学校が濃厚です。

町田第五小学校特定のポイント①メディア記事情報から小学校の特徴と校長を特定

自殺した小6女子児童が通っていた学校について報道や、学校のホームページを調べてみました。

まず、自殺した小6女子児童の母親から取材したプレジデントオンラインのスクープ記事から見ていきます。

ほとんど制限がない形で渡されたクロームブック。学校側が“設定ミス”をして、このような仕様になっていたわけではない。  和哉くんの同級生のお母さん、木村聡子さん(仮名)は教えてくれた。

引用元:Yahooニュース
引用元:president
町田市タブレットいじめ小学校の記事
  • 「いじめにより自殺した小6女子が通う学校は昨年、全国に先駆けて端末を配った東京都町田市のICT推進校」
  • 「当時の校長は、20年以上前からICTを学校教育に取り入れてきた先駆者で、GIGAスクール構想の旗振り役として知られる人物だった」
  • PTA会長談「A校長は、とにかく『一人一台端末』を強く求められてこられました。先生がいらっしゃることでICT推進校に選ばれていた本校ではいちはやく6年生に配れることになったんです。」
  • A校長が先駆者としてICT教育について取材を受けた記事がある。そのなかでA校長は「ルールをつくらなかったことで自主運営できるようになった」と話している

記事から4つの情報をもとに自殺した小6女子児童の通う学校長の取材記事を特定しました。それがこちらです。「町田第五小、3年間で公立先端校へ躍進の理由」

五十嵐氏は、20年以上にわたり、学校と行政、国のICTに関する委員など、さまざまな立場からICT教育を推進してきた。とくに前任校はほぼ1人1台の端末があったため、町五の端末環境に驚いたという。しかし五十嵐氏は、町五での教育に大きな可能性を感じていた。

引用元:東京経済

この記事とプレジデントオンラインから抜粋した内容を照らし合わせると、校長は20年以上にわたりさまざまな立場からICT教育を推進し、「新時代にふさわしい学び」の研究に取り組んできたとされています。

さらに19年度は同市から1学年分の端末が追加配備され、合計で「1学年に1クラス分」の端末がそろったが、それでも貸出票はすぐ埋まって順番待ちが続いたといいます。「もっと日常的に使うためには、1人1台が絶対に必要だと思いました」と校長は話します。

6年生に大きな変化が起きました。Classroomの掲示板であるストリームに自由に意見交換できる場を用意したところ、何と児童たちは自主的に書き込みのルールについて話し合いを始め、スライドで運営マニュアルを作成しました。

このようにプレジデントオンラインで自殺した小6女子児童の母親から取材した内容と町田第五小学校校長五十嵐俊子さんの特集記事と内容が合致します。

町田第五小学校特定のポイント②学校ホームページから特定

町田第五小学校の外観

引用元:master-education

さらに町田第五小学校を調べてみると、学校のホームページを発見しました。

町田第五小学校ホームページ

町田市立町田第五小学校のホームページには

・東京都教育委員会情報教育推進校

・町田市教育委員会特別支援教育モデル校

と記されてありました。

前項の「東京都町田市のICT推進校」と一致します。同ホームページ内にある「学校だより:若木」の2020年12月冬休み号(巻頭言)というページ内容で五十嵐俊子校長が短い学校だよりの中で、いじめについてページの半分以上を割いて語っていました。

先月のふれあい月間から今月の人権週間を機に、朝会等で「いじめや言葉の暴力」「デマやうわさ話」等に関する話をしました。さらに、悩んだ時のSOSの出し方の話をしました。

直接的な悪口、いじめだけでなく、今はSNSでの言葉の暴力が社会問題となっています。誰でも情報を 交換したり発信できる手軽な社会です。物心ついた時から身近にスマホがあり、学校でも ICT を使いこな している子供たちなので、大人同様に、SNS を当たり前のように使いこなせる力をもっています。だから こそ、他人を傷つけることは絶対にいけないという基本を指導した上で、どんな時も自分でしっかり考え、 善悪の判断をもって行動することを伝え続けています。今後も、SNS で友達の悪口を書き合ったり、虚偽 の情報を拡散したり、安易な書き込みをしたりすることは、人を傷つける行為であることを、徹底して指導 していきます。低学年から情報モラルの指導を強化していきます。

「一方、友達のこと、先生とのことなど、気軽に先生に SOS を出してほしい、相談してほしいと呼びかけ たことで、話をしに来てくれた子供もたくさんいました。友達から嫌なことを言われた、友達に冷たくされ た、おうちの人が自分のことをわかってくれないなど、悩みを打ち明けてくれた子もいました。学校では、 毎月心のアンケートを実施して、気になることがあると答えた子には担任が面談していますが、いつでも子 供たちの方から安心して相談してくれる学校でありたいと思っています。しかし、学校では気づけない子供 たちの困りごとや悩みもたくさんあると思います。誰にも気づかれないまま、ひそかに子どもの心の中だけ でたまり続けることのないように、どこかで誰かが気付いてあげられるよう、ご家庭と一層の連携を図りた いと考えています。学校での悩み、家での悩み、お互いに連携して相談し合い、子供たちの心に寄り添って いきたいと思っています。これから冬休みに入りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

これは、学校だよりの中でいじめに触れた部分の抜粋ですが、11月30日の小6女子児童が自殺したことといじめの内容を示唆するものというように捉えました。

他の町田市小学校ホームページを閲覧したところ、いじめに関する情報を出していたところは数校ありましたが、どこも2021年4月頃に出しています。小6女子児童の自殺を該当の学校が重要事項として教育委員会に報告したのが2月頃とされていますので、それを受けての二次的対応と捉えられました。小6女子児童が亡くなった翌月にいじめに関する情報を出していたのは町田第五小学校だけでした。

※小学校の名前が出ていませんので特定と断言はできませんが、情報の参考までに。

Twitterでは忠生第三小学校とも言われている

ネットで最も多かったのは、忠生第三小学校と言われています。ソース元は5chで関係者と思われる者が書き込みしたことからTwitterで拡散されました。

しかし、忠生第三小学校のホームページなどを拝見したところ確証を得られませんでした。ネットで忠生第三小学校と特定している方たちもTwitterや5chの投稿で言われているものばかりで、納得のいく説明はされていません。

掲示板などでは、あることないことを書き込めるのが特徴でもあります。なので掲示板の内容だけを鵜呑みにするのは危険です。よって町田市小6女子タブレットいじめ小学校は忠生第三小学校ではないと考えられます。

町田市立町田第五小学校の場所

町田市立町田第五小学校の場所を調べてみました。

住所:東京都町田市玉川学園4丁目14−7

町田市小6女子いじめによる自殺事件の概要

昨年11月、全国に先駆けて「一人一台端末」を配った東京都町田市の小学校で、小6の女の子がいじめを苦に自殺した。遺族は女の子の遺書を持って学校に行き、調査を依頼。しかし、GIGAスクール構想の旗振り役として知られる校長は「いじめは解決していた」と繰り返すばかりだった。

引用元:Yahooニュース
引用元:jiji.com
町田市小6女子児童いじめによる自殺事件をまとめると
  • 2020年11月30日に東京町田市の小6女子児童が自宅の自分の部屋で遺書を残し首を吊って自殺
  • 遺書の内容は、同級生数人の氏名といじめの内容が記されていた
  • 両親は遺書から、学校が配布した端末で使われていたSNSで「うざい」「きもい」「死んで」などと書き込まれていること、学校の対応に不信感を覚え、2021年9月13日に両親が会見を開き、徹底した調査をと町田市教育委員会に調査委員会の設置を強く望んだ
  • 遺族が独自に児童に聞き取り調査をした結果、自殺した小6女子児童は小学校4年生のころから悪口などのいじめを継続的に受けていたことがわかった
  • 両親は11月30日のうちに遺書を持って校長を訪ねて調査を依頼するが学校側は、小6女子児童と生徒間のトラブルを把握していた(いじめには言及せず)が、女子児童が亡くなった2ヶ月前の2020年9月には解決していたと遺族に説明

町田市立町田第五小学校の保護者や近隣住民の証言

いじめで自殺した小6女子児童が通っていた町田市立町田第五小学校はどんな学校なのか、学校の児童の保護者や近隣住民の証言を見つけました。

みんなの小学校情報というサイトから

保護者の証言

いじめの隠ぺいなど教員がまともに対応できていないです。
いじめが起こっても何も対応してくれず環境が悪いです。いじめた子も反省がないらしくそのまま受験しようとしているみたいです。第五小は割と受験生が多いですが、評判を上げたいからです。虐めた子の方を持って学校側は本当に何もしない。もしあなたのお子さんをこの学校に入れて虐められたらどうしますか?教員は何もしてくれまそん。それどころか隠ぺい。星を付けたくないほどの学校です。

この保護者の方はお子さんが2013年度に入学したようですが、投稿は2021年2月に投稿しています。時期的にみて、小6女子児童の自殺を関係者から聞いた可能性もあるかもしれません。さらに、チャット内のいじめに関しても言及しています。

「授業参観に行っても子供たちは何も発言をせずパソコン内で会話しているようです(チャット等)。
これじゃあ直接コミュニケーションをとれず今後の人生に支障がでます。チャットの中でもいじめが起こる可能性もあります。」

この証言を見ると、何年も前からいじめが発生する危険な状態が野放しにされていたようです。

【関連記事】

町田いじめ事件の加害者実名を特定するのは危険!「デマ情報がネットに拡散」過去に逮捕者も

コメント

タイトルとURLをコピーしました