総裁選次期総理大臣2021!

総裁選次期総理大臣予想2021!「本命は高市早苗で対抗は河野太郎」菅首相辞任の理由とは

総裁選2021 予想

2021年9月16日安倍元首相の任期を継ぎ、内閣総理大臣として責務をこなしてきた菅義偉首相が9月末をもって任期が満了となります。

そのため、まもなく次期総理大臣を決定する自民党総裁選挙が行われ、第100代首相が選出されます。

早くから総裁選に出馬するとみられていた菅義偉首相の突然の不出馬が発表され。次期総理大臣を決定する総裁選の構図が崩れました。現在もまだ自民党内が騒然としており、まだ候補者が出揃っていませんが、国民の一番の関心事である次期総理大臣を選出する総裁選の候補者を現時点の情報や支持率を元に、比較しながら予想を立ててみました。

新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な状況が続く中、国民の命を左右すると言われて大変注目されていますが、いったい誰が100代目の次期総理大臣に選出されるのか見てみたいと思います。

総裁選とは「日本の首相を決定する重要な選挙」

総裁選とは、与党である自由民主党の総裁選挙で、自民党の総裁が決定すると自動的に日本の首相を決定する重要な選挙です。前回2020年の総裁選挙は簡易式選挙を行ったため、規定通りの選挙は3年ぶりとなります。→総裁選はいったいいつ決まるのか、どのような仕組みなのかをまとめてみました。

総裁選の日程

・9月17日 告示・立候補者受付

・9月28日 党員投票締め切り

・9月29日 国会議員の投票・全ての票の開票

選挙の流れ

簡単な流れとしては、9月17日の告示までに総裁選に立候補する意思を固め、党内の国会議員20名の推薦を集めて立候補した党員が17日に受付します。9月28日に党員、党友の投票が締め切られたのち、9月29日に東京都内のホテルで投票が行われ、その場で党員票、国会議員票全ての票を開票。どちらも過半数を得た場合、新総裁が決定します。(党友とは、政党に所属しないが、政党支援団体に所属している人を指します)もし、候補者の1人が過半数を上回らなかった場合は、上位2人で追加選挙が行われます。

選挙人と票の仕組み

「国会議員票」は1人1票として388票と「党員票」は全国の党員・党友合わせて113万人あまりに対しドント方式という、より公平な票の振分方式を用いて388票。通常の資格は、前年まで2年連続で党費を納めた全ての党員ですが、今回の総裁選では、特例として1年納めた党員も選挙権が与えられます。

総裁選次期総理大臣2021候補者「岸田,河野,高市,石破」

今回の第100代目総裁選の候補すると思われるのは、現時点で以下の4人が立候補する動きが出ています。

総裁選2021候補者「岸田,河野,高市,石破,野田」
  • 岸田文雄
  • 河野太郎
  • 高市早苗
  • 石破茂
  • 野田聖子

候補者の誰が総理大臣に選ばれても日本の国政が10歳前後若返ることができます。ここでは、立候補する可能性が高い4名それぞれの支持率と推しポイントを中心に挙げてみました。

【追記】

推薦人がだいたい固まってきました。9月19日現在の総裁選に出馬する方たちの推薦人一覧はこちらです。

岸田文雄(64)

引用元:jiji.com

岸田文雄議員の最大の魅力は”政策力”に実績があり、早くから総裁選出馬を明言し「岸田4本柱」の公約を掲げていることで、新内閣のビジョンが明確で可視化されやすいのがポイントです。

4本柱とは・・・「医療難民ゼロ」「自粛生活が可能な経済政策」「ワクチンパスポートの活用と PCR検査の無料拡大」「健康危機管理庁(仮称)の設置、野戦病院開設」

なかでも注目されるコロナ対策として健康危機管理庁(仮称)の設置をメインに事業者支援の給付金、条件付きで給付金の再給付を掲げ、病床確保のための法改正などを挙げているのは好印象です。直近の在アフガニスタンの邦人救出目的で自衛隊法の改正も提唱しています。

そして、近隣の中国、韓国との親交が深いので温和な関係構築が可能です。

9月4,5日に共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査で「次期総理大臣に誰がふさわしいか」という質問に共同通信社は18.8%、読売新聞社は12%とどちらも3位に着きましたが1,2位とは大きな差がありました。当初は、菅首相と岸田氏の一騎打ちの予想がされていましたが、思ったより指示が伸びていない印象です。

【追記】岸田文雄は出馬確定(9月17日)

9月17日、岸田文雄議員は総裁選出馬を確定しました。

岸田文雄議員の支持者
  • (麻生派)甘利明税制調査会長、鈴木俊一、森英介
  • (細田派)衛藤征士郎、塩谷立
  • (竹下派)船田元
  • (石原派)石原伸晃
  • (谷垣グループ)中谷元、上川陽子法相、梶山弘志経済産業相
岸田文雄議員の推薦人
  • (岸田派)根本匠、堀内詔子
  • (細田派)高木毅、吉野正芳、森雅子、宮本周司
  • (麻生派)鈴木俊一、山際大志郎、、猪口邦子、今井絵理子
  • (竹下派)鈴木隼人、西銘恒三郎、二之湯智、渡辺博道
  • (無派閥)石田真敏、大野敬太郎、加藤鮎子、梶山弘志、土屋品子、本田太郎

岸田派は結束が強いという前評判が嘘のように、蓋を開ければ岸田派からの支持者、推薦人が少なかったです。 意外と岸田派以外からの推薦人が多くて、ここまで隠してたんだなって印象でした。

最新の岸田文雄議員が掲げる政策の柱は、総裁選における「3つの約束」と「3つの政策」です。

「3つの約束」

①国民の声を聴取し政策に反映

②すべての国民を分け隔てなく生きがいを感じられる社会を目指す

③助け合う社会

「3つの政策」

①コロナ対策の岸田4本柱
  • 医療難民ゼロ
  • ステイホーム可能な経済対策
  • ワクチン接種証明(電子交付)の活用と無料検査の拡充
  • 健康危機管理庁創設などの感染症有事対応の抜本化
②分配施策 岸田4本柱
  • 下請けいじめゼロのため大企業へ経営改善要請
  • 「令和版所得倍増」を目標に子育て世代の住居費・養育費支援を特化
  • 看護師など、仕事量に対する賃金が割に合わない分野の公的価格の抜本的見直し
  • 科学技術の振興や経済安保などの国家課題に長期的な計画を立て取り組む
③外交・安保における3つの覚悟
  • 対中政策
  • 防衛強化
  • 温暖化・核軍縮
  • などの世界的問題に取り組む

岸田陣営出陣式の決意表明「いよいよ戦いが始まった。ここに集まった全員は、派閥に関係なく、国家理念や強い経済をつくる政策に賛同した同志だ。ともに美しく、強く成長する日本を作っていきたい。必ず勝ちに行く」と約60名の議員が参加しました。

引用元:NHK

河野太郎(58)

引用元:毎日新聞

河野太郎衆議院議員は、立候補の意向を固めて推薦人を確保に当たっているところです。河野太郎氏も初総裁選出馬。所属する麻生派の後押しはまだ不明です。

河野太郎氏は候補者の中で唯一現職として内閣の役職に就いているため引き継ぎが比較的容易です。

現在、最も重要な新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣として従事。行政改革担当、国家公務員制度担当、内閣府特命担当大臣(規制改革・沖縄及び北方対策)として多数の役職を兼任しています。

河野太郎氏は、出馬を予定されている中で1番若い58歳。河野氏が次期総理大臣になった場合、70〜80代の超高齢化した国政をわかりやすく世代交代ができるため、今までの政治が大きく変革する気概が持てます。

独裁的というパワーワードで名前が上がることがしばしばあるが、総理大臣としての決断力と行動力は高いです。河野太郎氏自身として、大臣としても情報発信として巧みにSNSを活用していて発信力が高く、コメントも熟読しているため国民の生の声を拾いやすいのがポイントです。

9月4,5日に実施した全国緊急電話世論調査で「次期総理大臣に誰がふさわしいか」という質問に、共同通信社31.9%、読売新聞社23%で両社とも1位を獲得。産経新聞社の調査でも4週連続1位をキープして国民人気はトップです。

これは、知名度でいうと有権者の中で特に若い世代を中心に”政治に関心があまりない層”にもSNSを通してフォロワーと意思疎通したり、国民の声をダイレクトに発信することもあり人気につながったと考えます。

【関連記事】河野大臣パワハラ音声内容に物議!「小澤さんの説明不足」が原因か

【追記】河野太郎は出馬確定(9月17日)

9月17日、河野太郎議員は総裁選出馬を確定しました。

河野太郎議員の支持者
  • 菅首相
  • 石破茂元幹事長
  • 小泉進次郎環境相
  • 坂本哲志地方創生担当相
河野太郎議員の推薦人
  • (麻生派)阿部俊子、高橋比奈子、中西健治
  • (細田派)穴見陽一、義家弘介
  • (二階派)伊藤忠彦、、岡下昌平
  • (竹下派)野中厚、宮崎政久、山下雄平
  • (石破派)平将明、古川禎久
  • (石原派)坂本哲志、石原宏高、上野賢一郎
  • (無派閥)伊藤達也、田中良生、武村展英、島村大、園田修光

河野太郎議員は推薦人の確保にはじめ困難を示していましたが、どこの派閥の指示というより、満遍なく推薦人を拾ったという感じでした。

最新の河野太郎議員が掲げる政策は、総裁選へ向けての「河野太郎の5つの主張と政策」です。

「河野太郎の5つの主張と政策」

①直面する危機に対応し命とくらしを守る政治
コロナ対策はワクチンを主体に、必要時ロックダウン検討、医療提供体制の拡充として治療薬と国産ワクチンの開発の支援など

②成長戦略
”温もり”を強調した地域経済と中小企業、個人事業主を守る。食料確保のため農林水産業を作る。2050年カーボンニュートラル(地球温暖化の原因の二酸化炭素の排出量=植物などの光合成などによる吸収量で実質的二酸化炭素の排出量ゼロという考え)を目指す。日本の稼ぐ力を伸ばす。など

③出生から老後までのくらしを守る
全世代型社会保障制度を構築し、社会保障、子育て支援、教育を拡充する

④国を守る
国家安全保障戦略の見直し、防衛力強化。自衛隊の新しい分野(サイバー、宇宙、電磁波など)での防衛能力を向上させる。正解をリードする外交として、民主主義、法、人権などの基本的価値を守れるよう同盟国との関係構築、協力し国際社会の中での日本の地位確立を目指す。

⑤新たな時代に沿う憲法改正を進める
自民党が結束してオープンでクリーンな政治を目指す。政府の「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議に関する有識者会議」の議論を尊重。

河野陣営オンライン出陣式の決意表明「社会の分断を修復し、もう一度、日本をひとつにして、人が人に寄り添う、ぬくもりある社会をつくっていかなければならない。目の前の重いとびらを押し開け、日本を前に進めるために、私はこの国のリーダーを目指していく」75人の国会議員がそれぞれオンラインで参加しました。

引用元:NHK

高市早苗(60)

引用元:Yahooニュース

無派閥の高市早苗衆議院議員は、9月5日に推薦人20人の目処が立ち出馬の意思を固めました。今回が総裁選初立候補となります。

この背景には、安倍晋三前首相が、岸田氏に協力するものと見られていましたが、自民党総裁選で高市早苗議員を支援すると表明したことが出馬へ大きな一手となりました。安倍元首相の意思を継ぐ可能性は高いので高市早苗氏が次期総理大臣に選出されると安定した国政が期待できます。

そして、対国際的なアピール力が高いです。ジェンダーギャップ指数底辺にいる日本の立場を好印象を与えられます。過去に女性が日本の総理大臣になった歴史がないので、100代目で初の女性総理大臣になるという日本の国政をアピールするには適任です。2021年もジェンダーギャップ指数で120位と先進国で最低レベルでしたが日本の名誉挽回のアピールができ、外交関係にも好影響を与える可能性もあります。

9月4,5日に共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査で「次期総理大臣に誰がふさわしいか」という質問に、高市早苗議員は4.0%で5位。読売新聞の世論調査では3%で6位と両社ともほぼ同意見です。強力候補者として上がって間もないのもあるのか、知名度はまだ低めでした。

新型コロナウイルス対策に関しては、「感染者撲滅は不可能なので、早期治療を目指して重症者、死者をできる限り少なくし、自宅療養ゼロを重点に置く」という明確なビジョンがあります。

そして、対中国に強硬派として知られており、近年中国が軍拡大と尖閣諸島への領海侵入が深刻で領土の危機とそれを警備している自衛隊の安全が脅かされている中、自衛隊法の改正を提唱しているので中国に対し抑止力となる可能性があります。

【関連記事】

高市早苗若い頃は「中森明菜似のギャル」でバンドマン!評判はすこぶる悪かった

【追記】高市早苗は出馬確定(9月17日)

9月17日、高市早苗議員は総裁選出馬を確定しました。

高市早苗議員の支持者
  • 安倍晋三元首相
  • 西村康稔経済再生担当相
  • 岸信夫防衛相 
高市早苗議員の推薦人
  • (細田派)西村康稔、馳浩、高鳥修一、佐々木紀、山田宏、佐藤啓、山田宏
  • (二階派)山口壮、小林鷹之、小林茂樹、衛藤晟一、片山さつき
  • (竹下派)木原稔、小野田紀美
  • (無派閥)古屋圭司、江藤拓、城内実、黄川田仁志、石川昭政、青山繁晴

ものすごくわかりやすく、安倍晋三元首相の一声で推薦人が集まっていて、安倍氏ありきの立候補だということが如実にわかる結果でした。

最新の高市早苗議員が掲げる政策は、「政策9つの柱」です。

「政策9つの柱」

①「日本経済強靭化計画」3本の矢
「金融緩和」「緊急時の機動的な財政出動」「大胆な危機管理投資・成長投資」 これらの取組を総動員して、物価安定目標2%を目指す。経済を立て直し、成長軌道に。

②「危機管理投資」危機管理投資で安全で強靭な国を創る

③「成長投資」と「人材力の強化」で確かな未来を開く

④「経済安全保障」と「国防力」の強化で日本を守る

⑤今を生きる日本人と次世代への責任を果たす

⑥「全世代の安心感」が日本の活力に

⑦「地方には伸び代」がある

⑧新型コロナウイルス感染症対策の強化に取り組む

⑨党運営への考え方

高市陣営出陣式でのあいさつ「いよいよ戦いが始まった。ここに集まった全員は、派閥に関係なく、国家理念や強い経済をつくる政策に賛同した同志だ。ともに美しく、強く成長する日本を作っていきたい。必ず勝ちに行く」と代理出席も含めば70人以上の議員が参加しました。

引用元:NHK

石破茂(64)

引用元:産経新聞

石破茂議員は、今回の自民党総裁選挙に出馬した場合5回目の出馬となります。早期から次期総理大臣はという話題で名前が挙がっていましたが、まだ出馬する意思は表明されていません。推薦人20人集めが疑問視されていましたが、二階幹事長が推薦人集めに協力する可能性が出ています。「政策はまだ発表されていないが、いつでも発表できる準備はできている」

石破茂氏が次期総理大臣に選任された場合、公式で石破茂氏が掲げていること、インタビューなどから、新型コロナウイルスに対する医療の機動性・弾力性を補うために法改定すること。安全保障問題で平和外交を確立するため法と体制を見直す可能性があります。

親中、親韓として知られているので賛否両論ではありますが、緊張している対中国との対話と冷え切った韓国との国交を再構築する可能性があります。

9月4,5日に共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査で「次期総理大臣に誰がふさわしいか」という質問に石破氏は共同通信社は26.6%、読売新聞社は21%と河野太郎氏に次ぐ2位の支持を得ました。SNSを中心にネット民の意見を追って見ていると、石破氏の言動に注目度は高く、知名度はあるので指示が高く出たと捉えました。

【追記】石破茂は出馬せず「河野太郎を支持」

石破茂議員は出馬しない意向を表明しました。メディアでは出馬の期待は高めでした。二階さんが推薦人集めに協力する意向を表していましたが、石破派の話し合いの結果、出馬は断念し河野候補を支持しました。

河野候補への激励として石破氏は「戦いは勝たねばならない。『自民党を変えてくれ、日本を変えてくれ、政治を変えてくれ』という声にこたえ、納得と共感の政治を取り戻すため、河野氏を先頭に、国民とともに戦い、勝利しよう」と呼びかけました。

【追記】野田聖子は出馬確定(9月17日)

9月17日、野田聖子議員は総裁選出馬を確定しました。

野田聖子幹事長代行は無派閥なので推薦人集めができず出馬を断念するとみられていましたが、石破茂氏が出馬断念したため状況が変化。推薦人20名を集めることができました。野田聖子氏は過去3回総選挙出馬の動きがありましたが、20人の推薦人が集まらず断念していたので今回念願の出馬となりました。

立候補の理由:「日本が求められているのは多様性、人口減少、高齢化の中で次の日本を作るために、これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者がしっかりと社会の中で生きていける、そして生きる価値があるんだとそういう保守の政治を自民党の中で作り上げていきたい」

野田聖子議員の支持者
  • 三原じゅん子厚生労働副大臣
  • 木村弥生衆院議員
  • 宮路拓馬衆院議員
野田聖子議員の推薦人
  • (二階派)大岡敏孝、神谷昇、出畑実、福井照、岩本剛人、清水真人、鶴保庸介、三木亨
  • (竹下派)百武公親、渡辺猛之、元栄太一郎
  • (石原派)宮路拓馬
  • (無派閥)川崎二郎、木村弥生、渡海紀三朗、浜田靖一、三原じゅん子、柘植芳文、徳茂雅之、山田俊男

最新の野田聖子議員が掲げる政策は、「野田聖子氏の政策」です。

「誰もがわかる政治」を理念に掲げ、パラダイムシフト(その時代に当然と考えられていた物の見方や考え方が劇的に変化すること)を加速していく

①「議員定数削減」

②「日本初の女性内閣総理大臣」で社会の意識を変える

③「明治の価値観」を憲法改正でアップデートする

④野田聖子が会長の「慢性の痛み対策議員連盟の会」で行なっている慢性疼痛に関する法整備を目指す

⑤子どもの満足度調査で、38カ国中37位だった日本の子供たちの貧困解消、しっかりした教育を受けられるように子どもに投資する

⑥加速する人口減少を解決するため、「子ども庁」を設立し、子供を産み育てやすい環境整備を進める

野田陣営の出陣式の決意表明「政治は強いリーダーでするのではない。多くの人たちが関わり、喜びをつくりあげることが、国民政党としての自民党のきょうじだ。コロナ禍だからこそ、寛容で、誰もがこの国に生まれてよかった、生きる価値があるんだとしっかりと伝えていきたい」約10名の議員が参加しました。

引用元:NHK

総裁選次期総理大臣予想2021!「本命は高市早苗で対抗は河野太郎」

ズバリ本命は高市早苗氏だと予想しました。対抗は河野太郎氏。焦点は、麻生派の麻生太郎副総理兼財務相が誰を支持するかと、衆議院選に不安を抱える若手から中堅の議員がどれだけ河野太郎氏に票を入れるか!だと考えました。

岸田文雄氏は、つい先日までは第5の派閥である自身の岸田派の結束が固く、安倍晋三元首相の支持を受けると見られていた時は第一有力者でした。

しかし、岸田氏が9月2日通称「モリカケ問題」を明らかにすべきと明言してから安倍元首相を敵に回す構造に。自民党に激震が走った瞬間、構図があっという間に変化しました。これで岸田氏の次期総理大臣が遠のいたとみられます。

国民の支持がダントツ1位の河野太郎氏も次期総理大臣の有力候補で高市早苗氏も対抗馬予想していましたが、所属している麻生派の麻生氏の協力が得られずにいるので最悪この状況から出馬しないという結果になる可能性も捨て切れません。河野太郎氏が次期総理大臣になると、世代交代で麻生氏の立場が怪しくなるため協力はほぼ見込めないというのが現実だと思いました。

高市早苗氏は、知名度が低いので党員党友票をいかに集められるかと、女性が次期総理大臣になることに反発を示す勢が一定以上いると考えますが、やはり安倍元首相と安倍首相と蜜月の関係である麻生氏も高市早苗氏に乗じると第1,2の派閥が高市氏を支持することになるので他の出馬者に大きくリードした形です。

石破茂氏は最新の情報で、自身の次期総理大臣出馬を断念し、河野太郎氏の支援を検討する見込みとのことで、河野太郎氏の出馬確定も視野に入ってきました。

大荒れに荒れている自民党内の情勢で、最後の最後まで一発逆転が出てくるかもしれません。

菅首相の辞任理由「新型コロナウイルス対策に専念したい」

引用元:毎日新聞

現職の菅首相は、当初から”まだここで終われない”と次期総選挙に立候補する意向を会見で示していましたが、9月2日突如、菅首相自ら今回の総裁選に立候補しない意向を発表し、国民と自民党内が騒然としました。とにかくニュースでもインタビューを受けた人たちが皆そろって「驚いた!」と言っていた印象が強く残っています。

菅首相が9月3日に自ら語った辞任理由は、「新型コロナウイルス対策に専念したいので自民党総裁選挙に出馬しない」でした。

具体的には、コロナ対策は莫大なエネルギーが必要で、選挙運動と両立できない。どちらか一方の選択をした結果、国民との約束を守るため新型コロナウイルス感染拡大を防止することに専念し、国民の命と暮らしを守るのが責務だと考えると辞任に至った過程を説明しました。

この件で、様々な反応や意見がありました。

・自民党内では、菅さんが首相のまま、10月の衆議院選挙に勝てないという声続出の噂

自民党支持率は維持もしくはやや上昇傾向なのに、内閣支持率は下降一直線で31%と内閣発足後最低を記録していて、自民党の顔である総理大臣を菅さんが継続した場合、衆議院選挙で自公がじゃ半数割れする可能性が高く、選挙力のない若手議員を中心に菅離れが加速したという見方が多い印象でした。

地元の横浜市長選で菅首相が支持した候補者が大敗したことも、菅さんだと選挙に勝てないという声を大きくした原因でした。

・米ニューヨーク・タイムズは「菅総理大臣は歴史的に不人気な政権を救おうと何日も費やしたあと急な判断をくだした。新型コロナウイルスの症例が過去最高を記録し、ワクチンの供給が不安定となって入院も難しくなる中、これ以上続けられないと判断したとみられる」と政権を保持できないとの考えが辞任に至った理由だと報じています。

読売新聞社が行なった「菅首相の辞任は妥当か」という世論調査では妥当が47%、必要ないが39%だったので、想像よりはほぼ半々の結果だったという印象でした。党役員人事や内閣改造の計画がリークされたり、人事にも党内の支持を集められなかったことが根本的な辞任理由だったのではないかと思います。

総裁選の候補者の誰が総裁に選出されても政界の「世代交代」が進むことは大いに期待できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました