猪苗代湖ボート死傷事故

佐藤剛の同乗者特定「人を巻き込み気づかないのか検証」猪苗代湖ボート事故

佐藤剛 同乗者

2020年9月6日福島県猪苗代湖で起きたボート事故で4人を巻き込み、当時8歳の豊田瑛太さんが死亡、母親と知人の子供は両足切断という重傷を負った事件の犯人が特定できずにいました。

一年後の9月6日、1回忌を弔うニュースがあふれた後に、2021年9月14日福島県いわき市の会社社長佐藤剛容疑者(44)が業務上過失致傷の容疑で逮捕されました。

逮捕時、警察の事情聴取に「知りません」と容疑を否定。12人乗りのプレジャーボートの同乗者10人も口を揃えて「わからなかった、知らなかった」と話していました。

大型のトレジャーボートで人を4人も巻き込んだ事故を乗っている10人が本当に気づかなかったのか客観的に過去の事故や、ボート操縦経験者の声などから検証していきたいと思います。

佐藤剛の同乗者特定「10人が口止めされ隠蔽」

佐藤剛容疑者が運転していたボートには他に10人の同乗者がいたことが分かっています。というのも、佐藤剛容疑者逮捕のきっかけになったのが同乗者が撮影していた動画です。その動画には「やばい」という声も入っていて、事故を認識していたかのような言葉とも捉えられます。

同乗者もまた同罪ではないのかという声も上がっています。佐藤剛容疑者の同乗者は特定されているのか。事故の5時間後、カメラが佐藤剛容疑者と同乗者を捉えていました。

引用元:Yahooニュース

事故現場の周辺では佐藤剛容疑者と同乗者が乗るボートが目撃されていました。動画も公開されていますが、同乗者にはモザイクがかけられており、素性などは明らかになっていません。

10人の同乗者は事故が起きた後、警察から事情聴取を受けていたそうなのですが、皆が知らないフリ。後から分かったことが、10人の同乗者は佐藤剛容疑者から口止めされていました。

関係者によると、佐藤容疑者は事故のあと、同乗者に口止めをしていたことがわかった。
佐藤容疑者は、「身に覚えがない」と容疑を否認しているが、警察では、事故を認識したうえで隠そうとしたとみて、調べを進めている。

引用元:FNN

そして、事故から1年後の9月に同乗者が撮影していた動画を証拠に佐藤剛容疑者が逮捕されました。1年もの間、誰もが口を割らずに隠蔽されていたこと自体が恐ろしいのですが、逮捕されても佐藤剛容疑者は「身に覚えがない」と言っています。

動画という証拠があるにも関わらずまだ隠そうとする佐藤剛容疑者が本当に事故に気付かないのか、猪苗代湖ボート事故の概要やボート、船舶運転をしたことがある方の証言などから検証してみました。

猪苗代湖ボート事故の概要

東京都中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)は、2020年9月・福島県会津若松市の猪苗代湖で水上オートバイで遊ぶためライフジャケットを着けて湖面に浮いていた男女4人を操縦する大型ボートで巻き込み、豊田瑛大くん(当時8歳)を死亡させ2人に重傷を負わせた業務上過失致死傷の疑いが持たれている。

引用元:Yahooニュース
引用元:Yahooニュース
猪苗代湖ボート事故をまとめると
  • 2020年9月6日福島県会津若松市湊町地内の中田浜沖で水上オートバイに乗るためライフジャケットを装着して湖面に浮いていた千葉県野田市の小学3年生豊田瑛大さん(当時8歳)が大型トレジャーボート(十二人乗り)に巻き込まれて死亡。母親は両足切断の重体。知人の男児に重傷を負わせた疑いで9月14日容疑者を逮捕。
  • 佐藤剛容疑者は、所有するボートに知人など10人を乗せていた
  • 容疑者は、東京都中央区勝どき1に住む土木会社社長佐藤剛容疑者(44)で、「身に覚えがない」と話しており、当時一緒にトレジャーボートに乗っていた関係者も知らなかったと事件について語っている
  • 逮捕までに時間がかかったのは、水上の事故では物証が残りにくく、巻き込まれたとみられるボートのスクリューにも遺留品が残っていなかったことで、捜査が難航したため
  • 警察の捜査では、複数台のボートがスピードを出して走り去ったという情報から、可能性のあるボートなどを押収。特定を進めるとともに、瑛大くんの家族や目撃者などから事情を聴き、証言を積み重ね佐藤容疑者のボートが4人を轢いたと特定
  • さらに追加情報として、逮捕されたのは、佐藤剛のボートの同行者の複数人が事故前後の様子を撮影していたことがわかっている
  • 9月15日佐藤剛容疑者が送検
  • 同乗者からの情報で、佐藤剛から「何もなかったよな」と同乗者に口止めしていた
  • 亡くなった豊田瑛太さんの一周忌後に同乗者から事件前後の動画提供があった
  • 佐藤剛知人の証言「覚えがない」と言っていたが「警察から事情を聴かれて捕まるかも」と話していた
  • 追記:佐藤剛のボートは事件の前にエンジンを付け替え、加速や最高速度が上がるようにしていた

佐藤剛と同乗者10人は「事故には気づかないのか」検証

個人的にボートや船舶運転の経験がないですが、心情的に4人も巻き込んだ事実に気づかないものなのか?と疑問を抱きました。と同時に「そんな訳ないでしょう」と思ったのも事実です。今回は、ボート・船舶運転経験者や過去に似たような事故の例を基に「本当に事故に気づかないのか」検証してみたいと思います。

ボート・船舶運転経験者の証言

ネットニュースの口コミやツイッターから、ボート・船舶経験者のリアルな経験と見解を見ていきましょう。

「私、友達がプレジャーボート持っていて毎週末乗っていたのでわかるんですけど、車の事故と同じでまぁまぁ大きい船でも何かに当たるとかなりの衝撃があります。
ましてや、子供さんは亡くなり、お母さんは両足ひざ下を切断するほどの大けが、となるとよくこれでエンジン止まらなかったな。と思うくらいです。船を陸揚げしたらわかると思いますがペラもシャフトも歪んでたでしょう。たぶん、すぐにその場を離れれば血の海は見えなかったかもしれませんが同乗者は必ず何か大変なものに当たった。船大丈夫?くらいの衝撃はあったはずです。これを隠し続けた同乗者も同罪です」

「船操船していますけど、そこに人がいないことに気づかない?
ありえないから。 小さな流木にさせ気を付けて操船していますからね
見えないではなく、酒飲んで酔って、調子こいて、自身の見張りや
乗せている人の命を預かっている責任がおろそかになったのではないか。
勿論、被害者もそこにいたと問題もあるが、当時の船長であった容疑者が悪いに
決まっている。海にはたくさんのブイもある。それも確認しもって航行
しなければならないのに。 こういう輩は、免許はく奪。乗船者も罰す必要
がある。怪我しているを知りながら、自分の身を守り犯罪隠ぺい 
あくどいね」

20年以上プレジャーボートを乗っているが小さな龍の区ですら気づかないことはあり得ない!しかも湖で人を巻きオンでは120%気づかないことはあり得ない!!

「ニュースで見た舟艇はオーシャンレース出る様なスピードボート
そんなのが遊泳している人達に突っ込んで行くのは
人混みに日本刀を振り回して突っ込んでいくようなもの
それも水上なので即座に逃げることも出来ない・・・
殺人事件だろー・・・」

このようにいくつか挙げた体験談などから今回の佐藤剛容疑者と同乗者が気づかない訳が無いと言う結果でした。それにしても小さな流木でもわかってしまうくらい同乗者は衝撃を感じるものなのです。

船舶が人を巻き込んで死亡した事件の一例

次に、実際の死亡事故から検証していきます。

本件は、平成9年10月19日、被告会社が主催するダイビングツアーに参加したXが、被告会社の従業員である被告Yの引率によるスキューバダイビング中、海面に浮上しようとした際、船舶のスクリューに巻き込まれて死亡した事故について、Xの相続人である原告らが、被告Yに対しては、不法行為に基づき、被告会社に対しては、被告Yの使用者責任に基づき、損害賠償を求めた事案です。

引用元:岩熊法律事務所

この事例は、平成9年10月19日ダイビングツアーを主催している会社の船舶が、ツアーに参加しているダイバーをスクリューに巻き込まれて頭がい骨骨折による脳挫傷の障害が原因で死亡させた事例です。

佐藤剛容疑者が関わっている「猪苗代湖ボート事件」は湖で、ここに例に出した事例は海洋での出来事。船舶の大小の違いはあるものの、佐藤剛史容疑者が航行していたボートで巻き込まれた疑いのある亡くなった豊田瑛太さんもこの例と同じスクリューに巻き込まれて死亡した疑いが持たれているという点が一致します。

その裁判の事例の中で被告の船舶がダイバーを巻き込んだことに気づいたという点に絞って見てみますと、

記事からの一部抜粋

「乙は、クラッチを前進に入れて約10秒後、スクリュー付近から不審な物音と振動が伝わったことから、ダイバーをスクリューに巻き込んだことに気付き、直ぐにクラッチを中立にしましたが、乙船は、しばらく行足で進行した後、停船しました。」

このように、実際の事故の証言でも人を巻き込んだら、音や振動で異常があったことを認知すると証明できると思います。

今回の事故を起こした佐藤剛容疑者とその同乗者10人が、基本的に聴覚に異常がない人たちということを前提で話を進めると、飲酒で泥酔するか大音量で全く聞こえなかったこと以外、人が巻き込まれた衝撃までは気づかないことはないように思います。

よって佐藤剛容疑者と同乗者が気づいていなかったという検証結果は、どんな障害物でもぶつかったら同乗者は間違いなく気付くはず。そして人を巻き込めばなおさら気づかないわけがないので、佐藤剛容疑者と同乗者は当初、証拠隠蔽を図った可能性は高いです。

佐藤剛さらなる疑惑「ボートのエンジンを改造」

毎日少しずつ新たな事実が出てきている佐藤剛容疑者の情報ですが、9月17日にさらに情報が追加されました。佐藤剛容疑者と同乗者が乗っていたボートは、2020年9月6日の事故前に佐藤剛容疑者がエンジンを付け替えて、加速や最高速度が上がるようにしていました。

事故の前から猪苗代湖でスピードを出して航行する目撃情報もあり、事故を回避できる速度、徐行だったか含めさらに調べを続けている所だそうです。同乗者の情報では佐藤剛容疑者のボートは当時100キロ以上スピードを出していたという疑いがあるそうです。

ツイッターからこのような情報がありました。

「どんだけスピード出してたんや… 100キロ以上出した時バナナボートバーストするぐらい水の力って凄いんやで…」

この例はとてもわかりやすいです。そんな速さで何かにぶつかるだけでさらに衝撃は強く感じるというところでしょうか。車の事故でも言えることです。水の中だと被害者が避けることも困難になることでしょう。

未だ佐藤剛容疑者は容疑を否認しているようですが、同乗者の動画の証拠とともに、同乗者からの証言が次々に出てきているので事件解決も時間の問題ではないでしょうか。

【関連記事】

佐藤剛社長の土木会社「本社はいわき市で海外支店も計画中か」猪苗代湖ボート死傷事故

コメント

タイトルとURLをコピーしました