山梨・甲府市放火殺人事件

山梨放火19歳少年の実名三浦はデマ「横根にぶどう園はない」庇うためにわざと混乱させたか

山梨放火事件で逮捕された19歳少年は、井上盛司さん夫妻を刺殺して放火するという残虐な犯行だとして19歳少年の犯人特定を望む声が多数あります。

調べてみると、山梨放火の犯人を特定したという19歳少年の名前などの個人情報は、すべて推測して犯人特定をいたずらに楽しんでいるだけでした。

山梨放火19歳少年の実名三浦はデマ「横根にぶどう園はない」

山梨県甲府市の放火事件で、容疑者として19歳少年が傷害の容疑で逮捕、放火についても疑われています。少年は井上盛司さんの長女と同じ高校で面識があり、一方的に好意を持っていましたが、うまくいかずに犯行に及んだ可能性が高いことがわかっています。

両親を刺殺後に次女まで武器で殴り暴行し、挙句に家に火を放った少年が、ただの片思いの相手とうまくいかないというだけで残虐な犯行を実行したかもしれません。そんな少年がどんな人間なのか知りたいと思う人、実名を出して裁きを受けさせたいという人が続出しています。

現在爆サイでは「放火犯(19)の実名及び個人情報を特定して晒すスレ」が立って犯人の特定に躍起になっています。早速この爆サイスレッドでは犯人を特定できると思われるような情報が書き込まれています。爆サイでは概ね様々な事件についてのコメントで犯人を特定できる情報が書き込まれていることがあります。

ですが、この山梨県放火殺人事件のスレッドをみてみますと、犯行の手口がかなり残虐で酌量の余地がないことを訴える人が続出しています。そのため、面白おかしくいたずらに楽しんで書き込んでいる人もいるようです。

横根にあるブドウ園らしいことが他スレにあったよ

>>1
横根町に葡萄園なんて無いね。

最初に横根にあるブドウ園らしいと書き込みがありましたが、横根町にブドウ園はないと否定する意見がすぐ出ます。ではどちらが真実なのか調べてみますと、

「横根 ブドウ園」で検索すると数カ所のブドウ園がヒットしました。ですが、愛知県大府市横根町のブドウ園でした。放火事件があったのは山梨県甲府市蓬沢ですので爆サイコメントの「横根町」は山梨県甲府市横根町を指していることは間違いないでしょう。

結論は、山梨県甲府市横根町にはブドウ園は存在しませんでしたので、爆サイの犯人はブドウ園説は否定されました。

三浦とか萩原とか室田とか色々名前出てるけど、複数名前出る時点で明らかにデマだろ。

まさにこれです。19歳少年の犯人は1人だけで犯行に及んでいます。数打てば当たるという方式ですね。

>>603
やっと消えたかもう来るなよ、しらけるから

このスレッドでなりすましだの犯人特定以外の話が持ち出されて出たコメントのようですが、人が2人も殺害されて放火するという深刻な事件の話に「しらけるから」というのは犯人特定を楽しんでおかしくしたいだけのように感じました。

間違った名前で犯人実名の特定を混乱させようと考えているとしたら、犯人の少年に近い人間なのか、ただ単に面白がって話を広げようとしているかのどちらかでしょう。もし仮に少年に近い人間だとすると、少年を庇うためにわざと他の名前を挙げて特定させないようにしているのです。

山梨県甲府市蓬沢放火殺人事件の概要

12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢1の井上盛司(せいじ)さんの家族から「見知らぬ男に泥棒に入られた」と110番通報があった。直後に井上さん方から出火、木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が発見された。

引用元:Yahoo!ニュース

山梨県甲府市蓬沢放火殺人事件をまとめると

  • 2021年10月12日午前3時45分ごろ、山梨県甲府市蓬沢1丁目に住んでいる井上盛司(せいじ)さんの次女から「泥棒が入った」と110番通報が入る
  • 井上盛司さんは、50代夫婦と10代姉妹の4人家族だった
  • 次女は自宅1階からもめ合いの声が聞こえ下へ降りようとしたときに階段で男と鉢合わせる
  • 逃げようと階段を駆け上がるも男から凶器で頭を殴られる
  • それでも姉妹で2階のベランダから逃げ通報する
  • その後、自宅から出火する
  • 井上さんの自宅からは性別不明の2人の遺体が発見され、井上さんご夫婦のものとみられています
  • 犯人は長女と同じ高校の同級生で、次女への傷害容疑で逮捕
  • 放火についても関与をほのめかしているとのこと
  • 司法解剖の結果、2人の死因は失血死と判明しました
  • 遺体には複数の刺し傷があり、臓器に達するくらい深い傷がありました
  • 現場の状況で遺体が別々の場所にあることから、少年は最初に父親、逃げようとした母親を追いかけて刺した可能性が高い
  • 焼け跡から複数の刃物が押収された
  • 少年は殺人やガソリンや灯油などをまいて放火した可能性があり、現住建造物等放火の疑いで調べられています
  • 少年は顔にやけど、右手小指を骨折しているため入院して治療を受け、14日検察へ送検されました

19歳少年はまだ少年法適応で実名報道は不可

今回19歳少年の犯人特定が、ネットやSNSで盛んに行われています。今まで未成年に対する報道は、少年法で厳しく規制されてきました。今回の山梨放火殺人事件の容疑者である19歳少年もその対象になります。そのため実名や顔・容姿などが特定される報道はされていません。

では、どんな制度なのかもう一度確認してみましょう。法務省のホームページより抜粋

少年法(第61条)によって,少年のとき犯した罪については,少年の更生に資するため,氏名,年齢,職業,住居,容ぼうなどによって犯人が誰であるかが分かるような記事・写真等の報道(推知報道)が禁止されています。

引用元:法務省

「少年の更生」を重要視している法律です。もちろん公の人が閲覧できる爆サイやツイッターなどのSNSでも同様でしょう。少年法は昨今の凶悪犯罪や再犯が多発しているためか常に物議を醸し出す対象になっていました。そしてとうとう成人年齢の引き上げに合わせて2021年5月21日改正少年法が国会で成立しました。

変わったことは、18歳、19歳を「特定少年」と位置づけたことです。

特定少年とは、2022年4月1日に施行される法律です。成人年齢が18歳に引き下げられるため、新たに成人になる18歳、19歳は引き続き保護対象ですが、17歳以下とは異なる立場として「特定少年」という特別な規定が設けられました。

成人年齢が18歳に引き下げられても18歳、19歳は成人扱いではなく少年の延長みたいな特別な扱いということになります。

【18〜19歳が事件を起こした場合】

  • 家庭裁判所から検察官に逆送致する事件の対象を拡大(殺人、傷害致死に強盗、強制性交、放火など)
  • 起訴された場合実名報道が可能になる

実名報道が可能となると、さらに特定少年が注目を浴びて報道が過熱すぎる状態が予測されますが、改正法の付則として施行から5年後に制度を見直すことが盛り込まれています。

【関連記事】

山梨県甲府市蓬沢放火殺人事件の犯行動機「失恋してカッとなる」長女と同じ高校に通っていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました