事件

市沢美気意顔画像「黒縁メガネのまじめなオタク顔」子供がいて過去に犯罪歴も

市沢美気意 顔画像

3ヶ月前に女子高校生が埼玉県八潮市内の歩道で帰宅途中に男に背後から襲われ押し倒すなどされ、全治2週間の怪我を負いました。事件の容疑者・市沢美気意が2021年9月9日逮捕されました。

市澤美気意容疑者は事件現場と同じ埼玉県八潮市内在住の会社員です。現在は容疑を否認しています。

市沢みっきい容疑者の顔写真が判明しています。事件の概要と顔画像についてまとめました。

埼玉県八潮市女子高生強制わいせつ致傷事件の概要

今年5月、埼玉県八潮市内の歩道で、女子高校生にわいせつな行為をしてケガをさせたとして、30代の男が逮捕されました。 強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、八潮市に住む会社員・市沢美気意容疑者です。 警察によりますと、市沢容疑者は今年5月、午後8時ごろに市内の歩道を歩いていた帰宅途中の10代の女子高校生に背後から抱きつき、地面に押し倒すなどして女子高校生に首の打撲など、全治2週間のケガをさせた疑いがもたれています。調べに対し、市沢容疑者は「知りません」と容疑を否認しているということです。

引用元:Yahooニュース
埼玉県八潮市女子高生強制わいせつ致傷事件をまとめると
  • 事件が起きたのは2021年5月、埼玉県八潮市内の歩道
  • 犯行状況は、午後8時頃、被害者の女子高校生が帰宅途中、八潮市内の歩道を歩いていると、男が背後から抱きつき、地面に押し倒すなどした
  • 被害者の女子高校生の怪我は、全治2週間。首の打撲などの怪我を負った
  • 市沢美気意は防犯カメラの映像などのから警察の捜査で容疑者に浮上
  • 市沢美気意は事件の起こった埼玉県八潮市在住の会社員で「知りません」と容疑を否認している

市沢美気意顔画像「黒縁メガネのまじめなオタクな印象」名前はキラキラネームではなかった

埼玉県八潮市女子高生強制わいせつ事件の容疑者・市沢美気意の顔写真がメディアの報道から判明しました。

引用元:Yahooニュース

市沢みっきい容疑者は、黒縁のメガネとマスクをしていて、まじめなオタクに見えます。市沢美気意容疑者の顔写真からはごく普通に街中にいる人という印象で、凶悪な感じは受けませんでした。

名前が特徴的で気になります。読み方は「いちさわみっきい」でミッキーではありません。市沢美気意容疑者についての情報は、傍聴絵日記の記事に母はフィリピン人だとありましたので、おそらく日本人とフィリピン人のハーフだと思われます。(次見出しにて詳細を説明)

その状況を考えると、ミッキーカーチスさんのようにミッキーという外国風の名前を日本の感じに当てはめて日本人の名前として考えてつけられたのだろうと推測しました。なかなか読みにくいですし、馴染みのない名前と漢字の組み合わせなのでキラキラネーム扱いされているのかもしれません。

市沢みっきい「キラキラネーム」ではなかった

Twitterのトレンドに「強制わいせつ+ミッキー」が浮上しました。

このトレンドは、今回の埼玉県八潮市で起きた強制わいせつ致傷の疑いをかけられている市沢美気意容疑者の名前がみっきいとキラキラネームだと話題になりました。しかし、市沢みっきい容疑者はフィリピンとのハーフの可能性が高く、もしそうだとしたらキラキラネームではなく真面目に付けた名前になります。

日本とフィリピンのハーフは芸能人でも多く、例に挙げるとタレントのラブリさんがいます。父親が日本人で母親がフィリピン人のハーフです。そして本名が白濱蘭舞莉(しらはまらぶり)さんです。これも普通に見たらキラキラネームに見えますが、おそらくフィリピン系の名前に日本の漢字を合わせて決めた名前でしょう。弟にEXILEメンバー白濱亜嵐(あらん)さんがいます。

このようにフィリピン人の親はキラキラネームを付けたくて付けたのではなく、ハーフとしての名前を考える上でしょうがなかったのでしょう。しかし子どもからすると、住んでいるのは日本だし、美気意(みっきい)みたいな名前を付けられるといじられることも考えてほしいものです。

日本とフィリピンの名前を付けたかったのであれば、せめてミッキーマウスくらい調べて別の名前にしてほしかったですね。ミッキーマウスの大ファンであれば、美気意(みっきい)という名前に大満足したでしょう。

市澤美気意前科「公務執行妨害やひったくり」

24歳(2013年)公務執行妨害、傷害の疑いで現行犯逮捕。

引用元: mamastar

mamastaというネットコミュニティで紹介されていたもので、おそらく2013年12月30日の朝日新聞記事です。

●警官を突き飛ばした疑い

草加署は29日、八潮市鶴ヶ曽根、自称会社員市沢美気井意(みっきい)容疑者(24)を、公務執行妨害と傷害の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

名前が珍しいのと、年齢や住所が同じことから今回の強制わいせつ事件の市澤みっきい容疑者と同一人物と思われます。

他に傍聴絵日記というブログで傍聴した事件として、市澤美気意容疑者が逮捕された刑事事件を絵とともに裁判の内容を説明していました。

引用元:傍聴日記

この事件の概要は、上記の現行犯逮捕と同じ日に発生したひったくり事件。夜道を1人で歩いていた17歳の被害者の背後から口を塞ぎ、被害者の顔面などを殴るなどしてショルダーバッグを奪おうとしたところ、被害者の抵抗に遭いキーケースとポーチを奪い闘争も、すぐに事件現場付近で逮捕されたとありました。(論告懲役5年)母親から借金してスロットに使い込んだが、返済の目処が立たなかったことが事件の動機でした。思考が短絡的で軽率すぎます。

このブログでさらに市沢美気意容疑者が強姦致傷で2年間中等少年院に入っていた犯罪歴もあることが書かれていました。さらに24歳当時、内縁の妻がいて事件の翌月に出産していたことがわかっています。

警察の発表記事とブログ内容を合わせて考えると、このひったくり事件のあと、事件現場付近で逮捕された際に公務執行妨害をしたのだろうと考察しました。

今回の女子高生強制わいせつ致傷事件はまだ犯行が確定していませんが、同一人物と思われる方も7年前に同じような手口で女子高生を襲っているので、犯行がとても似ています。そして、その時に生まれた子供はもう小学生です。私が内縁の妻だとしたら、まず知らないフリをして子供を守るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました