埼玉県熊谷市見晴町アパート女性遺体事件

宮崎英美さん顔画像は「素朴で優しそうな顔」姉とは6年も疎遠だった

宮崎英美さん 顔画像

埼玉県熊谷市美晴町で起こった殺人事件の被害者の女性、宮崎英美さんは何者かに首を絞められて窒息死したことがわかりました。

犯人はまだわかっていませんが、宮崎英美さんの実姉がメディアの取材に答え、中学の卒アル写真を共有してくれています。

宮崎ひでみさんの顔画像は素朴で優しそうな顔でした。

熊谷市見晴町アパートに20代女性遺体の概要

引用元:news24

埼玉・熊谷市のアパートで、住人の20代とみられる女性が死亡しているのが見つかり、警察は事件の可能性もあるとみて調べている。 6日正午すぎ、熊谷市見晴町のアパートの室内で、「ふとんの上で冷たくなっている」と知人の男性から110番通報があった。 警察が確認したところ、この部屋に住む20代くらいの女性が死亡しているのが見つかった。

引用元:Yahooニュース

熊谷市見晴町アパートに20代女性遺体をまとめると
  • 2021年9月6日正午すぎに知人男性から女性が「布団の上で冷たくなっている」と110番通報が入る
  • 警察が確認すると、アパートに住む20代女性が死亡しているのを発見
  • 死後はそれほど時間が経っていない模様
  • 知人男性は女性と連絡が付かず心配になって様子を見に来たと話す
  • 遺体に目立った外傷はないが司法解剖の結果、死因は窒息死と判明
  • 亡くなった女性は職業不定の宮崎英美さん(27)
  • 過去に数回、県警に相談を寄せたことがあったがトラブルを確認できなかった
  • 今回の事件との関連は薄いと警察は見ている
  • 事件現場は、埼玉県熊谷市見晴町の3階建アパート

【関連記事】熊谷市見晴町アパートに20代女性遺体「薬物を飲まされたか」事件を視野に入れる理由とは

宮崎英美さん顔画像は「素朴で優しそうな顔」

宮崎英美さんの顔写真は、宮崎英美さんの実姉がFNNの取材を受けて判明しました。

引用元:FNN

この写真はおそらく宮崎英美さんの実姉が提供したものだと思いますが、最近の写真ではなく中学生の時の卒業アルバム写真でした。実際の宮崎英美さんは27歳ですが、10年以上前の写真になります。優しい印象で、まだお顔が丸くてあどけない感じがします。住民の方の証言と一致しました。(後述)とても殺人事件にかかわるような感じには見えません。10年で一体何があったのでしょうか。

「事件を最初聞いたときは衝撃的で過呼吸になった」

なぜ学生時代の写真なのか、お姉さんの話でわかりました。以前は、仲良しで悩みを相談しあっていた姉妹だったのですが、5~6年前に連絡が途絶えてしまったそうです。やっと数年ぶりに取れた連絡が、妹の死。宮崎英美さんの死を告げられたお姉さんの気持ちを思うと胸が痛くなります。

お姉さんは、警察から最終的に亡くなりましたと連絡が来て、びっくりしています。眠れない..眠れないんですよ…と話したそうです。

宮崎英美さん姉の証言

「悩みはやっぱり男関係とか以前はそういうのはありましたね」

「事件であれば犯人が捕まってほしい」

ほかに宮崎英美さんを知る情報を探しました。テレビ局のインタビューを受けた宮崎英美さんと同じアパートの部屋の下の階に住んでいる40代男性の証言です。「女性が住んでいたことを知らず、びっくりしました。ここ1週間ほどは声も聞こえず静かでした」

ほかにも宮崎ひでみさんと顔を合わせて会話したことがあるという同じ階の住民で77歳の男性が「物静かでおとなしい感じの人だった」と話していました。

ここからわかることは、アパートの住人とはほぼ顔も合わせず付き合いがなかったということ。上の階の住人の声が聞こえていたのに女性だとは知らなかったと話しているので、女性がほとんど喋らずに、女性の部屋に頻回に来たり宿泊したりした男性がいた可能性があります。そして女性の声が野太いという可能性もありますが、前者の方が確率は高いのかなと推測しました。

しかし、いつもは話し声が聞こえるのに殺害された物音を聞いた住人は誰もいなかったのかなと疑問を抱きました。現在調査中ですので、後に真実が明かされるでしょう。

宮崎英美さんを知る人物からの証言が出てきていませんが、頻繁に連絡を取る知人ともしかしたら他に恋人がいて頻繁にきていたか半同棲状態だったことも考えました。情報から宮崎英美さんの人物像を想像すると、どちらかというと家にいることも多かったけど複数の男性と交流があったので、とても明るく社交的という感じではなく魅力的な口数の少ない物静かな人だったのかもしれません。

【関連記事】宮崎英美さん相談内容は「ストーカー行為か」犯人は既に分かっている

今回の事件が起きた埼玉県熊谷市見晴町では同じ町内で2015年にも殺人事件が起きていて、住民の話では事件現場がすぐ近くということで、怖いと震える思いでいらっしゃることでしょう。

その殺人事件とは熊谷6人連続殺人事件で、犯人の男はペルー人。民家の敷地に侵入したことで警察に事情聴取中に逃走。翌日熊谷市見晴町に住む母と2人の子が殺害されたほか、3日間で住宅3軒6人が殺害されました。

宮崎ひでみさんの事件と類似した「中野劇団員女性絞殺事件」

宮崎英美さんの殺害事件は、警察に相談を数回持ちかけていたという事実から多くの人がストーカが犯人だと推測していますが、警察はその件と今回の事件の関連性は薄いと見ています。同じように首を絞められて殺害された若い女性の事件を調べてみました。殺害された状況がとても似ている事件を見つけました。

被害者は劇団FULL HOUSEで女優を目指し活動していたの加賀屋理沙さん。2015年8月に東京都中野区の自宅マンションで加賀谷理沙さんが何者かに殺害されたのが発見されます。全裸の状態で仰向けに倒れていて、首には紐状のもので絞められたのが死因。

加賀屋理沙さんも1ヶ月前に交際していた男性とのトラブルで警察沙汰になっていたので、その男の犯行が疑われていましたが、犯人ではなかったのです。

遺体に付着していた犯人の皮膚片からDNAが採取。警察の捜査で犯人を逮捕。犯人の男は、近所に住む男で、LINEを交換しようと家の前で声をかけたら加賀谷理沙さんが驚いて家に入ろうとしたのを追って入ったら騒がれたので殺したという、全く被害者に縁がない男が犯人でした。

今回の宮崎ひでみさんの事件もまだ断定するのは早いようです。近隣住民や、宮崎英美さんのご家族のためにも早く犯人が逮捕されてほしいです。

【関連記事】宮崎英美さんインスタで被害に遭ったか「SNSが関係している過去の事件」熊谷市見晴町アパート女性遺体事件

コメント

タイトルとURLをコピーしました