町田市小6女子が自殺!タブレットいじめ事件まとめ

町田市にある小学校で当時6年生だった女子児童が自殺しました。自殺の原因は、学校で配布されていたタブレット端末でのいじめです。小6女子児童を自殺に追いやったいじめ内容や小学校の対応、女子児童の生い立ちまでまとめました。

町田市タブレットいじめ事件の小学校を特定

2021年9月13日自殺した小6女子児童の両親が会見を開き、徹底した調査のため町田市教育委員会に調査委員会の設置を求めました。

このいじめを苦に自殺した小6女子児童が通っていた学校について色々な意見が飛び交っていますが、調査の結果、町田市立町田第五小学校が濃厚です。

【関連記事】

町田市タブレットいじめ小学校特定!「忠生第三小学校はデマ」町田第五小学校か

町田いじめ校長五十嵐俊子

町田市のいじめを苦に自殺した小6女子児童の事件で両親や同じ学校の保護者などからの情報で、五十嵐俊子元校長が、いじめと女子児童の死因の公表を遅らせたのは3月に定年退職を控えていたからでした。

そして新年度から渋谷区の教育委員長に就任が決まったため、時間稼ぎだったのです。町田いじめ事件の当時校長だった五十嵐としこが隠蔽したと言われている詳細をまとめます。

【関連記事】

町田いじめ校長五十嵐俊子が「隠蔽したのは時間稼ぎか」現在は渋谷区教育委員長

町田いじめ事件の加害者実名を特定するのは危険!

早期から遺族がいじめの証拠をもとに学校側、町田市教育委員会に調査を求めてきましたが、学校の校長はいじめの事実を認めず調査が進まない状況で、報道からいじめの加害者を特定する動きが出てきています。その中にはデマ情報もあり、ネットでそのまま拡散されています。

簡易で匿名であるSNSでその動きを煽り、未成年であるいじめの加害者を特定することは、大変危険な行為です。ここでは、加害者特定の危険と未成年の実名や、顔写真など本人を特定できる情報をネットに掲載することがなぜ危険なのか、その実例を基にご紹介します。

【関連記事】

町田いじめ事件の加害者実名を特定するのは危険!「デマ情報がネットに拡散」過去に逮捕者も

町田市小6女子自殺タブレットいじめ事件

町田いじめ校長五十嵐俊子が「隠蔽したのは時間稼ぎか」現在は渋谷区教育委員長

町田市のいじめを苦に自殺した小6女子児童の事件で両親や同じ学校の保護者などからの情報で、五十嵐俊子元校長が、いじめと女子児童の死因の公表を遅らせたのは3月に定年退職を控えていたからでした。 そして新年度から渋谷区の教育委員長に就任が決まったため、時間稼ぎだったのです。
町田市小6女子自殺タブレットいじめ事件

町田いじめ事件の加害者実名を特定するのは危険!「デマ情報がネットに拡散」過去に逮捕者も

早期から遺族がいじめの証拠をもとに学校側、町田市教育委員会に調査を求めてきましたが、学校の校長はいじめの事実を認めず調査が進まない状況で、報道からいじめの加害者を特定する動きが出てきています。 その中にはデマ情報もあり、ネットでそのまま拡散されています。 ここでは、加害者特定の危険と未成年の実名や、顔写真など本人を特定できる情報をネットに掲載することがなぜ危険なのか、その実例を基にご紹介します。
町田市小6女子自殺タブレットいじめ事件

町田市タブレットいじめ小学校特定!「忠生第三小学校はデマ」町田第五小学校か

2020年11月に東京都町田市の小6女子児童がいじめを苦に自宅の自分の部屋で自殺していた事件が発生しました。2021年9月13日自殺した小6女子児童の両親が会見を開き、徹底した調査のため町田市教育委員会に調査委員会の設置を求めました。 このいじめを苦に自殺した小6女子児童が通っていた学校について色々な意見が飛び交っていますが、調査の結果、町田市立町田第五小学校が濃厚です。
タイトルとURLをコピーしました